サテライトレストラン『minori』

ご挨拶

感染症の前では力及ばず無力な経営者。。。

 

初めまして! サテライトレストラン『minori』を開発しましたゴールデンアポチュニティ株式会社の代表取締役・清水知行と申します。

 

2020年初期に降って湧いた災い『新型コロナウィルス』。。。

私たちは、この数十カ月で様々なアイディアを社内で出し合い、挑戦し、光明を見い出した・・・かと思うと『行政の行動制限』によってまた足をすくわれ振り出しに戻るという悲惨な経験を幾度となく繰り返しました。。。

 

この間、どれほどの出費を強いられたのでしょうか。振り返れないほど私たちの精神は疲弊しています。

この間、自身の無力さに心が痛む日をどれ程過ごしたのでしょうか。しわ寄せを与えてしまったスタッフへ、申し訳ない気持ちでいっぱいです。当社も決して例外ではありませんでした。。。

 

 変異株の情報が出てくる度に延長戦に突入するコロナ地獄戦。。。

正直、この災い、この状況・・・数年続くと思いませんか?

正直、もうアイディアを出し尽くした感はありませんか?

正直、挑戦を繰り返すこの無謀さに、いい加減、諦めの感が出ていませんか?

正直、幾度となく失望のどん底へ突き落される経験に慣れてしまっている自分に驚きませんか?

 

『新型コロナウィルス』は業種によっては対応困難な災いとも言えます。

ただ、飲食店経営に限っては、『初心』に立ち返ることがこの困難な状況を打開できるキーポイントであると分かってきました!

サテライトレストラン『minori』ロゴ.JPG

過去から学ぶ!

~『新しい生活様式』のスマートな飲食店経営方法~

飲食店経営者さま、サテライトレストラン『minori』という新しい運営戦略はご存知ですか?

この数十カ月で私たちが分かったことは、感染症という災い禍ではお客様がご来店しにくいため、『店舗』という箱がとても邪魔になるということです。通常、飲食店にとって、いかに良い立地で、いかに広く、いかに安く、借りるかがポイントであった絶対的に必要不可欠な『店舗』が経営者の首を締めます。

次に分かったことは、感染症という災い禍では『薄利多売』ビジネスモデル機能しなくなります人が集まることが悪なので『多売』ができません

そして、高齢かつ人目を気にしなければいけない社会的地位のある方高収入の方飲食店への戻りが鈍い点も注目すべきでしょう。

 

人は必ず食べます。飲食店の需要がなくなったわけではありません。では、どうすればその需要を取り戻せるかという方法論となりますが、過去から学んだ失敗と相対する逆のビジネスモデルが感染症という災い禍では正解となります。

 

例えば、

  • ✖『店舗』を持つ

  • ✖『薄利多売』ビジネスモデル

  • ✖『日常利用』

 

つまり、『お客様の特別な日に利用してもらう店舗のない高級飲食店』を運営することが感染症という災い禍では大正解!となるわけです。

 

『店舗のない高級飲食店』ってなんじゃそりゃ?

高級料理を家にデリバリーするってこと?

美味しくなくなったら高級素材も台無しだわ!

そんな高級料理を誰が買うんだよ!!!

高級料理には高付加価値サービスはMUSTであり、『外食の雰囲気』もとても大切なので、多くの方のこの感覚は正しいと思います。

ですが、『お客様の特別な日に利用してもらう店舗のない高級飲食店』を可能とする唯一の運営戦略があるんです! ご存知でしょうか? サテライトレストラン『minori』です!

店舗いらない+出来立て高級料理高付加価値サービス外食の雰囲気』+完璧な『感染予防対策

​= サテライトレストラン『minori』です!

しかも、出店に必要な費用は20万円程度!!!

感染症という災い禍だからこそ生まれたスーパープロジェクト

​それがサテライトレストラン『minori』です!

​実際、利用してみたい!おもしろい!というお客様から多くのお声を頂いているプロジェクトです!

​近日中に正式発表されますが、世界的超大手ソフトドリンクブランド国内最大手ビール会社もスポンサードに入るプロジェクト

それがサテライトレストラン『minori』です!

→ 〇『店舗』を持たない

→ 〇『厚利少売(高付加価値)』ビジネスモデル

→ 〇『非日常利用​』

早い者勝ちの​登録申請/ 締切間近!! 気になったらまずは申請!

東横INN・新横浜駅前新館店 ~5飲食店登録募集中~

東横INN・横浜桜木町店   ~5飲食店登録募集中~

サテライトレストラン『minori』ロゴ.JPG

行政の考えを理解し未来をよむ!

~行動規制と営業規制と規制解除~

行政規制の傾向とは!?

  

今までの行政指導を分析すると多くの場合、行政は以下の行動を嫌います。

1. 不特定多数の他人が複数人集まること

2. 不特定多数の他人が談笑すること

3. 不特定多数の他人が1つの区切られた空間に集まること

 

 

2020年当初は「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避なんて言っていましたが、これ以上に行動規制のハードルは高くなっています

 

〖1〗『#1.不特定多数の他人が複数人集まること』の解説

『他人』が2人以上集まってはいけません。『他人』が2人以上集まると規制の対象となります。

『他人』ってなに?と尋ねられれば、『同居していない人々』と定義して良いと思います。

最近ニュースで、駅近くの広場でコンビニで買ってきた缶ビールを片手に青空飲み会を開いている人々に対し、行政が帰れ!解散しろ!と指導している映像を観たことはありませんか?『3密』回避の行政指導が始まった時から考えれば、人が集まることに対して驚くほどハードルが上がりましたね。

 

〖2〗『#2.不特定多数の他人が談笑すること』の解説

次に、お酒規制の理由が『お酒を飲むと会話が弾む。そうすることでウイルスをまき散らす頻度が多くなる』からですね。簡単に言えば、『談笑するな!』ということです。実際、論理は破綻していますが、『20時以降の飲食店営業規制』は『20時以降』にしか集まれない人たちから『談笑』の機会を奪うことと推測します。「『20時以降』にしか集まれない人たちは『忙しい人たち』であって、『忙しい人たち』は多くの人々と会う機会が比較的多い。彼らが感染すれば感染拡大の輪を加速的に広げてしまう。だから、その人たちから現実的に感染する土壌(飲食できる場)を奪う」という政策がこの規制と推認できます。

ただ、単純に言ってしまえば、『他人が集まって談笑するな!』ということです。逆に言えば、同居する『家族』や『カップル』が集まって談笑することは規制対象外です。家で会話しないでくださいなんて無理ですからね。家で同じ空気を吸わないでくださいも狭い日本の家では無理です。だから、同居する『家族』や『カップル』がお酒を飲みながら談笑することは規制対象外と考えるべきです。

 

〖3〗『#3.不特定多数の他人が1つの区切られた空間に集まること』の解説

最後に、『同居していない人々』が2人以上集まる空間が規制対象です。

『同居している人々』、つまり、同居している家族やカップル単位で複数のグループを同時に『レストラン』に集客した場合も規制対象となります。『テーブル間を通常よりも広く開ける』ことなんか、行政には関係ありません。同じ空間に『他人』が集まることが規制対象となります。

 

『同じ空間』や『個室』の定義は?と問われれば、全てのドアや窓を閉めた時、外部から空気や音の流れが遮断される1つの空間と考えるべきです。行政はその個室に『窓』も必要と言います。

ホテルの宿泊ルームがまさしく『(完全)個室』です。逆に、仕切りで区切られただけの漫画喫茶のセルは『個室』とはなりません。多くの飲食店はオープンスペースのホールと仕切りで『目隠し』しただけの『半個室』のハイブリッド空間で運営しています。消防法の絡みで壁上部を空ける必要があるからですね。ただ、この場合、どんなに広い飲食店であっても全体で1完全個室・1つの空間と考る必要があります。この考えが、『青空飲み会』規制の根拠となっています。

 

 

衆議院選挙後に本当の地獄が到来する!?

 

現在、飲食店を筆頭にこれら規制に対して様々な補助金・給付金が行政から援助されています。しかし、この様な状況が永遠と続く道理は考えにくく、近い内に止まるでしょう。そのタイミングを予想すれば、オリンピック後、かつ、衆議院選挙後が直近で一番怪しい時期と考えます。

 

 

 

 

大衆の混乱を横目に市場が強制的に開放される時期は近いでしょう。その時は補助金・給付金は打ち切られます。客足はシングルを中心とした20代・30代前半は戻ってきますが、家族のいる層はコロナ用の薬が開発されるまで戻って来ないと考えるべきです。『薄利多売』ビジネスモデルの飲食店は少ない人数かつ薄給の客層を本気で奪い合う『本当の地獄』が待ち構えて います。

→ 国際的に感染症に打ち勝った日本をアピールする必要がなくなる。

→ 大衆の反感に恐れる必要もなくなり、大衆支持を必要としなくなる。

→ 重症化率が低減され、感染症は恐れる必要がないと言える。

  • オリンピック後

  • 衆議院選挙後

  • ワクチン接種率の向上

行政規制に左右されず、20時以降も営業可能! ~申請はこちら~

東横INN・新横浜駅前新館店 ~5飲食店登録募集中~

東横INN・横浜桜木町店   ~5飲食店登録募集中~

サテライトレストラン『minori』ロゴ.JPG

未来を創造する!

~感染症禍でも生き残る飲食店・最新経営スタイル~

『薄利多売』&『箱集客型店舗運営』の昭和スタイルをいつまで続けますか?

『「レストラン」という1つの空間に1家族しか入れない経営スタイル』を貫くことで規制対象外となる条件を満たすということです。感染症という災い下では、同じ時間帯・同じ空間で1同居グループしか予約を取れません。『ネギマ1本180円』を単品注文されるビジネスモデルは食品ロスする可能性が高く、感染症禍では向いていません。

 

そうなんです!

感染症禍で、多くのお客様の回転率を高めて収益を上げる『薄利多売』ビジネスモデルは崩壊しました『同居』している家族・カップル・友人単位『VIP対応のおもてなし高級路線』で飲食店を運営するしかありません。そう考えると、計算しやすい高級路線のコース料理化に集約されます。同時に広い空間が経営の足を引っぱる箱集客型店舗は必要なくなります。その広い空間を完全個室に内装工事しますか?解約しますか?狭い完全個室をいくつも所有できている飲食店が完全なる優位性を獲得できています。これが感染症禍で飲食店が生き残る唯一の方法です!

 

ただ、これら全てを解決し、飲食店を運営したとしても、20:00までしか運営するな!と決めた行政の規制が足かせとなります。『キミの店舗はばっちりだね!よし、キミの店舗は規制時間を設けず、好きなだけ運営して良いよ~』なんて行政が個別判断するわけがありません!交渉するだけ無駄です。努力を理解してもらおうとするだけ疲れるだけです。

 

今、唯一、『時間規制』なく運営が許されているビジネスモデルは『デリバリー』です。

 

『デリバリー』で、最近、調子の良い業態は『からあげ』ですね。

ただ、『からあげ』の乱立を横目で眺めていますとお客様がその味に飽きるのは近いでしょう。

しかも、単価が安い上に、チェーン店マージンを取られ、デリバリーマージンも取られる。

利益が低過ぎて飲食店は『からあげ』デリバリービジネスをやるだけ疲弊します

このような状況を打開すべく、飲食店の味方としてサテライトレストラン『minori』が開発されました!

“これから”を生きるためにできること ~申請はこちらから~

東横INN・新横浜駅前新館店 ~5飲食店登録募集中~

東横INN・横浜桜木町店   ~5飲食店登録募集中~

サテライトレストラン『minori』ロゴ.JPG

サテライトレストラン『minori』

~日本初!ホテル客室・高級コース料理デリバリー~

費用20万円程度で数十の完全個室をもてるわけがない!

サテライトレストラン『minori』のサービスは簡単に言ってしまえば『デリバリーフードサービス』です。

デリバリー先は決められたホテルの客室(完全個室)です。そのホテルの客室は、デフォルトルーム(ベッドを取り除いた部屋)、リノベルーム(壁紙・床材を変更した雰囲気のある部屋)、飲食店オリジナルルーム(貴社飲食店の雰囲気をそのまま移植した部屋)の3種類があります。お客様が予算や志向に併せて選択できるようにしています。

 

常識を覆す『ホテル個室の飲食店用シェアールーム』!

『minori』に登録した飲食店がホテルが用意した『minori』用に飲食できる部屋を『シェアールーム』するシステムがサテライトレストラン『minori』です。『minori』が用意するほぼ全ての客室に貴社お客様の予約が可能です!例えば、現在稼働中の東横INN・新横浜駅前新館に『minori』が50部屋用意した場合、貴社は早い者勝ちで50組のお客様をお迎えできるチャンスがあります。それがたった20万円で利用可能となります。これは感染症禍だからこそ生まれた飲食店経営モデルの脅威的な進化でしょう。

 

狙うは非日常の『お祝いの日』! ~『高級コース料理』需要~

『同居』している家族・カップル・友人単位と限定されたお客様が『minori』をご利用されるインセンティブは『お祝いの日』を楽しむことであり、予約は全て高級コース料理化して高級路線とします。貴社飲食店は1品1品作りたて料理をデリバリーし、貴社スタッフがお客様に、1品1品、貴社の素敵なお皿でお料理をご提供します。

 

もちろん!『minori』はデリバリー式なので

  • 行政による時間規制はありません!

  • お酒の提供にも時間規制はありません!

 

更に、『minori』は完全個室なので

  • 感染症対策はばっちりです!

  • 小さなお子様がいるご家族も周りのお客様にご迷惑をおかけすることなくご利用できます!

  • 喫煙ルームをご選択されたお客様はおタバコも吸えます。

  • お部屋にトイレや洗面所が完備されています。

 

その他、『minori』の利点は数多くあり、お客様からのご反響は『利用したい!』が圧倒的です。

早い者勝ちの​登録申請/ 締切間近!! 気になったらまずは申請!

東横INN・新横浜駅前新館店 ~5飲食店登録募集中~

東横INN・横浜桜木町店   ~5飲食店登録募集中~

サテライトレストラン『minori』ロゴ.JPG

初回出店費用20万円程度! 経営リスクはほぼなし!

出店費用はずばり!

  • 登録料7.7万円(税込)

  • その他経費: 10~15万円程度

※ 2つ目の出店ホテル登録は追加・変更出店登録料7.7万円のみで済む場合が多々あります。

 

お客様の予約が入らなくても維持費0円!

minori利用料はずばり!

  • ホテル施設利用料: 1,650円(税込)/時間

  • minori利用料: 売上の10%

  • クレジットカード決済手数料: 使用した料金の3.8%

※ これら費用はコース料理に含まれるのでコース料理の内容構成の際はご注意ください。

 

〖キッチンカー〗の活用がダントツにお勧め!

ホテル側に設ける調理場所は〖キッチンカー〗をお勧めします。〖キッチンカー〗採用の利点は多くありますが、その中でも〖キッチンカー〗ならではで簡単に可能としてくれる戦略変更はメリットです。仕込みは貴社飲食店の調理場で行い、〖キッチンカー〗で最終調整し、ホテル側の駐車場からデリバリーするスタイルはminoriに所属する上でとても安く済みます。また、その地域で上手く行かない場合、すぐに所属ホテルを変更できるメリットもあり、感染症禍においては根を下ろさないこと、〖キッチンカー〗を持つことがとても有効な戦略変更を可能とします。

 

感染症禍に限っては、人々の行動様式が通常時に比べ信じられない変化が起きています。例えば、通常時、顧客がアッパー層の『銀座』は客単価が必然的に上がっていました。しかし、そのアッパー層の年齢は比較的高い傾向にあり、社会的地位や死亡リスクを鑑みた時にコロナ感染対策に余談を許しません。彼らは『銀座』で一杯という行動が会社や家族からかなり抑制されています。そうなりますと、彼らが住んでいるベットタウンに近い方が来店率が高くなります。同様に、都心繁華街よりも家族が住む町での『お祝い』需要は高くなります。他方で各町でも特徴は異なります。貴社飲食店が提供する料理の需要は新横浜には少ないけれど、桜木町ならあった!ということもありうるわけです。

 

〖キッチンカー〗は貴社飲食店が『minori』から撤退した場合、感染症禍において需要は高く、売却は容易いでしょう。エントリー戦略出口戦略をとても簡単にさせます。

 

〖キッチンカー〗を用意できる資金がなく、かつ、minoriで収益を得る実感覚がまずは欲しい場合、新横浜店側の飲食店がキッチンスペースを時間貸しで提供してくれています。この場合はぜひご相談ください。

 

 

感染症禍において、ココまで低予算効率的高級料理屋を営める方法はサテライトレストラン『minori』以外にありません!

 

まずはご申請をお待ちしております。

ご申請された飲食店順にminori運営事務局よりご連絡申し上げます。

早い者勝ちの​登録申請/ 締切間近!! 気になったらまずは申請!

東横INN・新横浜駅前新館店 ~5飲食店登録募集中~

東横INN・横浜桜木町店   ~5飲食店登録募集中~

サテライトレストラン『minori』ロゴ.JPG

〖登録申請方法〗サテライトレストラン『minori』

①https://minori.style/ にアクセス!

②minoriトップページの上部

『お問合せ/申請』をクリック

minori申請.JPG

『お問い合わせ』ページの下部

『レストランなど飲食店関係者様の本サービス加入に関する申請』ボタンをクリック

必要事項を記入して

④『申請』ボタンをクリック

サテライトレストラン『minori』ロゴ.JPG
  • 担当者より3-5営業日以内に折り返しお電話いたします。

  • お電話では数項目をお伺いさせてただきます。

  • 1ホテルの準備部屋数に対し登録飲食店数上限を設けております。目標登録数到達時点で通告なしで登録手続きを止める場合がございますので、可能な限り、早めにご申請ください。

ご不明な点がございましたら、下記、電話番号へ問い合わせください。

minori運営事務局: 0570-050(えがお)-492(しょくじ)